高齢出産不妊治療案内所

高齢出産と不妊の悩みを解消!

高齢と不妊の関係と現代

統計によれば、男女とも結婚年齢は年々高くなっているようです。昔は、女性は25歳までに結婚するほうがよい、などと言われたものですが、そうした考え方もすっかり古臭い印象となりました。現代では女性も大学へ行き、仕事を持つなど、社会的に活躍する女性も増えました。そのため晩婚、高齢になってからの出産が増えたわけです。アメリカのキャリアウーマンは、高齢で出産するため、双子を望む人が多いというニュースも聞いたことがあります。ところが子供がほしくても不妊の問題を抱える人は、時代を問わずに存在します。原因は色々とはいえ、治療は早い方がベストです。現代の問題は、晩婚化に加え、こうした不妊治療も遅れることです。しかも専門家によれば、年齢を重ねるうちに妊娠しにくくなる傾向もあるそうです。長らく仕事に邁進した後、出産を願うようになった頃には、手遅れの可能性も出てくるわけです。25歳までに結婚を、という昔の人の教えは、こうした事情も考慮していたのでしょう。

高齢での不妊の理由は?

最近はメディアでも多く取り上げられるようになってきたので、高齢になればなるほど妊娠しにくくなるということは誰でも知ることができるようになってきました。不妊の理由は年齢と共に卵子や精子も老化していくからです。そこで、高齢なる前に不妊治療を開始することが大事です。若いうちに結婚をして出産ができるように人生設計を立てます。しかし、思い通りに人生はいかないものです。なかなか良い相手が見つからないというのなら、婚活を行ってみたり、友人に協力をしてもらって合コンに参加してみたりというように、行動的になることも時には必要です。また、高齢による不妊の意識を高く持ち、知識を得ることも重要となってきます。年齢がいってからの出産は体にも負担がかかり、子育ても大変になってきます。特に女性は出産の年齢制限を考えて人生設計を立てるようにすることが大事です。

高齢の不妊で悩んだら

最近は結婚をするのが遅くなっているので高齢で不妊で悩んでしまう人が多いと思います。早くに気付くことができなくて30代後半から40代になってしまって赤ちゃんができなくて悩んでしまうのです。女性はどんどん卵子の数が少なくなってくるとききます。しかも、赤ちゃんができるのが難しくなってくるのです。そんな悩みを恥ずかしくて誰にも相談できない人もいますが、最近は自分以外にもそういう人がいるのです。だからもし悩んでいるのならすぐに病院に行って検査を受けると力になってもらえると思います。そして待望の赤ちゃんを授かることができるかもしれません。頑張ればまだまだ高齢でも赤ちゃんができるかもしれません。不妊の方は結構多くいて病院に通っている方が入るのです。だから自分だけでないと思って相談してみるといいと思います。早い方がいいです。

Written by admin

1月 14th, 2014 at 3:09 pm

Posted in